医療生協の理念
01
健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。

私たち医療福祉生協は、地域まるごと健康づくりをすすめます。
地域住民と医療や福祉の専門家が協同します。多くのひとびとの参加で、地域に協同の"わ"をひろげます。
日本医療福祉生活協同組合連合会の設立趣意書をもとに、憲法25条(生存権)や9条(平和主義)、13条(幸福追求権)が活きる社会の実現をめざします。

02
私たちの使命は、地域まるごと健康づくりをすすめることです。

私たちは、医療や福祉の事業、健康づくりやまちづくりの運動を通じて、平和や社会保障の充実を求める運動や環境への取り組みをまちぐるみで総合的に進めます。

03
私たちは、地域住民と医療や福祉の専門家が協同する組織です。

私たちの組織の最大の特徴は、ともに組合員として生協を担う地域住民と医療や福祉を担う専門職がそれぞれ主体者として協力しあうことにあります。その優位性を事業と運動の全ての場面で活かすことを大切にします。

04
私たちは、多くのひとびとの参加で、地域に協同の“わ”をひろげます。

私たちは、ICA原則にある「コミュニティへの関与」をもとに、地域の中に協同の"わ"を広げることを重視し、国際連帯の活動にとりくみます。

医療生協の「いのちの章典」

1.いのちの章典とは

「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。

日本生活協同組合連合会医療部会は「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を策定し、事業と運動の質を高めてきました。これらの活動を引きつぎ、2010年日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)が発足しました。
医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして 「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。

2.医療福祉生協とは

地域のひとびとが、それぞれの健康と生活にかかわる問題を持ちよる消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。

医療福祉生協は、医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題を解決するための事業と運動を行います。

3.医療福祉生協が大切にする価値と健康観

「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられるように…。」私たちは、主権在民の立場にたち、健康の自己主権を確立します。

私たちは、近代市民社会の大原則であり、日本国憲法の基本理念である主権在民の立場にたちます。私たちは、憲法13条の幸福追求権や9条の平和主義、25条の生存権を実現するため、主権在民の健康分野の具体化である健康の自己主権を確立します。
私たちが大切にする健康観は「昨日よりも今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられる。そうしたことを可能にするため、自分を変え、社会に働きかける。みんなが協力しあって楽しく明るく積極的に生きる」というものです。
私たちは、この価値と健康観にもとづき、医療・介護・健康づくりの事業と運動をすすめ、地域まるごと健康づくりをめざします。

4.いのちとくらしを守り、健康をはぐくむための「権利と責任」

組合員と地域の人々には、いのちとくらしを守り健康をはぐくむために、以下の権利と責任があります。

  • 01自己決定に関する権利
    私たちは、知る権利、学習権をもとに自己決定を行います。
  • 02自己情報コントロールに関する権利
    私たちは、個人情報が保護されると同時に、本人の同意のもとに適切に利用することができるようにします。
  • 03安全・安心な医療・介護に関する権利
    私たちは、安全・安心を最優先にし、そのための配慮やしくみづくりを行います。
  • 04アクセスに関する権利
    私たちは、必要な時に十分な医療・介護のサービスを受けられるように社会保障制度を改善し、健康に暮らせるまちづくりを行います。
  • 05参加と協同
    私たちは、主体的にいのちとくらしを守り健康をはぐくむ活動に参加し、協同を強めてこれらの権利を発展させます。
品質方針

私たちは、「健康づくり」の生協です。

価値提供
1、私たちは、施設事業と地域事業の質を高め、ひとりひとりのくらしを大切にします。
積極的な生き方
2、私たちは、昨日より今日が、さらに明日がより一層意欲的に生きられるように、自分を変え、社会に働きかけます。
学び成長すること
3、私たちは、対話と学習を重視し、多様な要求や価値観、期待、環境の変化に向き合います。
ISO9001認証

愛媛医療生協は、
ISO9001認証を取得しました。

愛媛医療生協は2003年8月15日付けでISO9001の認証を取得しました。 これは「仕事きっちりのための国際規格」であり、「決めた通り が確実に実行される仕組み」ができたことになります。私たちは、 「医療福祉生協のいのちの章典」の実践として、安全で質の高い医療福祉サービスを提供できる継続の仕組みをつくり、患者利用者の満足度の向上に努めています。

認証を取得している医療福祉サービス提供事業所は、以下の10事業所です。

  • 本部(統括業務)
  • 城北診療所
  • 新居浜協立病院
  • 生協宇摩診療所
  • 愛媛生協病院
  • たんぽぽ在宅ケアセンター
  • 伊予診療所
  • 協立在宅ケアセンター
  • 泉川診療所
  • ごしき在宅ケアセンター
次世代育成支援行動計画
01計画期間

平成30年8月1日~平成33年7月31日までの3年間

02内容
目標1 計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準にする。
【女性職員・・・取得率100%を維持する。】
【男性職員・・・期間中に1名以上の取得をめざす。】
対策 ① 2018年9月~ 男性も育児休業を取得できることを周知するため、職場に広報する。
② 2018年9月~ 安心して職場復帰をめざせるよう、定期的な情報提供に取り組む。
目標2 事業所内保育所の利用を促進する。
対策 ① 2018年9月~ 一時預かり、夜間預かりなどの利用を拡げ、安心して働ける環境をひろげる。
② 2018年9月~ 男性職員の子どもの保育を増やす。
目標3 年次有給休暇取得状況の改善、促進を進める。
対策 ① 2018年9月~ 年次有給休暇取得状況を定期的に把握し、職場間でのバランスにも留意し、困難部署の計画的取得を促進する
目標4 子ども・子育てに関する地域貢献活動を実施する。
対策 ① 2018年9月~ 子育て班会、子ども保健大学の開催など、各事業所で、地域・組合員の中で、子育て支援活動に積極的に取り組む。
目標5 若年者に就業体験の機会を提供する。
対策 ① 2018年9月~ 高校生・中学生などを対象に職場体験などを開催する。
女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画 2020年3月18日
01計画期間

2020年4月1日~2024年3月31日

02現状
採用者に占める女性比率 76.5%
男性の勤続年数に対する女性の勤続年数 85.2%
管理職に占める女性の割合 70.2%
平均残業時間 10.8時間
有給取得率 2019年61.5%、10.2日
03分析

管理職に占める女性割合が産業別平均値、医療福祉42%に対し大きく超過している。

採用者数、勤続年数も特段の問題はない。

平均残業時間には問題はないが、職場による業務の偏りがあり、残業時間・有給取得に差がある。

04目標

より多くの女性が活躍できる環境の整備を行い、採用した労働者の割合を引き続き65%以上を維持する

より多くの女性が活躍できる環境の整備を行い、採用した労働者の割合を引き続き65%以上を維持する

05取組内容と実施時期

2020年4月 女性医師を採用し、働きやすい環境づくりを医局全体で進める

2020年4月~組織トップから長時間労働是正に関する強いメッセージを発信

2020年7月~職場管理者への労務管理研修を実施し、残業の事前指示を徹底、長時間労働の削減を目指す

2020年4月~組織トップから年次有給休暇の取得推進取得を発信、取得状況を定期的に把握する

個人情報保護方針

愛媛医療生活協同組合

愛媛医療生活協同組合は、1991年に「医療生協の患者の権利章典」が日本生活協同組合連合会医療部会で確定されて以降、「知る権利」や「自己決定権」、「プライバシーに関する権利」の実践や「カルテ開示」に積極的にとりくんできました。 個人情報保護法施行にあたり、その社会的責務を自覚し、役割を果たすことを決意し個人情報に関する基本方針を決定します。

1.個人情報保護法、各ガイドライン等を遵守して、組合員、患者、利用者の個人情報を取扱います。
2.個人情報の取得・利用・提供に関し、医療生協の事業と活動にふさわしい利用目的と範囲を明確にし適切に取扱います。
3.個人情報への不正なアクセス、紛失、破壊、改ざんや漏洩等が発生しないように安全対策を実施します。
4.医療や介護への参加を重視するとともに個人情報をわかりやすく本人に提供、説明します。開示、訂正等の請求には誠意をもって対応します。

以上の活動に継続的にとりくみ改善に努めます。