ごあいさつ

「地域まるごと健康づくり」のために。

愛媛医療生活協同組合 理事長 今村 高暢

第67回通常総代会にて理事長に選出されました愛媛生協病院院長の今村高暢(いまむらたかのぶ)と申します。

愛媛医療生協は1981年に3生協が合併し40年近くになりますが、前身の1952年に設立された平和診療所(新居浜市)からの歩みを考えると70年近い歴史になります。この間の発展の要因は「地域住民とともに作り上げる健康づくり運動」を貫き、「公開・平等」の原則で行ってきたことです。当初は医師不足で極端に苦しんだ時期もありましたが、医療生協の理念に共感できる医師の確保と養成を自前で行ってきて、地域に貢献できる事業所に育ってきました。地域活動としては、支部を単位に場作りを旺盛に行い、ヒトとヒトとのつながりを広げ、県下で5万人近い組合員を要し、各地で「まちづくり」に貢献しています。また無差別平等の医療を目指し社会保障を守る運動や平和を守る運動も社会活動として行ってきました。

医療福祉生協連は2030年ビジョンとして、「誰もが健康で居心地よくくらせるまちづくりへの挑戦」というテーマを掲げました。超高齢者社会の中で「まちづくり」は持続可能な社会を考える中で、待ったなしの課題で、政府も自治体も企業も提唱していることです。医療生協の考える「まちづくり」は、地域住民と事業所がリンクして作り上げる「まちづくり」です。まだ十分にモデルとはなっていませんが、それぞれの地域で実践を積み重ねていくことで形になっていくものと考えています。

2020年に入り新型コロナウイルスが世界中で蔓延し、これまでの日常生活は一変しました。人間は、ヒトとヒトがつながることで「人間」になります。ただ現代社会はそのことを忘れてヒトは疎外感を感じるようになっていました。生協はヒトとヒトとのつながりを色々な工夫でつむいでいく組織です。新型コロナウイルスの怖いのは未知であることでヒト同士に不安と恐怖を呼び起こし、つながりを切っていくことです。こうした中でも生協は色々な工夫をしながら、組合員同士で声をかけ合いながら、つながりを紡いでいます。これまでと全く同じ活動は当面は難しいですが、こういう時期だからこそ生協の組織を活かしたつながり作りが新しい健康作り運動を呼び込むことになると思っています。

私自身は事業所職員の生活を守り、組合員さんたちの健康を守る活動の下支えをしていき、そして歴史と伝統のある愛媛医療生協が更に発展していくために努力をしていきたいと思っています。皆様方のご指導、ご支援の程をよろしくお願い申し上げます。

医療生協とは

地域のひとびとが、それぞれの健康・医療とくらしにかかわる問題をもちより、組織をつくり、医療機関をもち、運営し、それらを通して、その医療機関に働く役・職員・医師をはじめとした医療専門家との協同によって、問題解決のために運動する、生協法にもとづく住民の自主的組織です。

医療生協の4つの特徴

  • 1
    健康なひとびとが多数を占める医療団体。
  • 2
    予防・保健・健康づくりと、それを保障する制度の充実を重視する。
  • 3
    住民の医療参加を保障する民主的な医療機関をもっている。
  • 4
    組合員が主権者として活動する場としての班をもっている。

医療生協加入のご案内

健康のこと。医療のこと。
くらしのこと。未来のこと。
皆と一緒に考え、行動してみませんか?

「健康で長生き」の願いを実現できる取り組みや、あなたの力が役立つ場がたくさんあります。