採用情報

2022.01.07医師
総合診療・家庭診療専門医 募集


 

 

 

研修プログラム

 

 

集定員・修期間

定員3名/1学年   研修期間/4年

 

■2つのeneralistログラム 4年間の研修で二つの専門医を取得します

日本専門医機構 認定
総合診療 専門研修プログラム
CFMD総合診療専門研修プログラム・せとうち
日本プライマリ・ケア連合学会 認定
家庭診療 専門研修プログラム
CFMD家庭医療学 レジデンシー・せとうち

 

 

■プロラムの特徴

  • ○四国・中国各地の診療所や中小病院を基盤とした、14の研修施設群。
  • ○総合内科、小児科、救急医療の領域を主とした、4年間のプログラム
  •  新・家庭医療専門医制度と連動し、修了時に両方の受験可。
  • ○経験豊かな指導医21名在籍。
  • ○家庭医・総合診療医に必要な「7つの資質・能力」をより高く、より広く。
  • ○多彩な学びの場、振り返りを重視。
  • ○ポートフォリオ作成支援、CFMDの学習・教育システム。
  • ○医療生協の組合員さんや地域住民のヘルスプロモーション。
  • ○2006年から家庭医を育成し、9名の修了生を輩出、現在1名の専攻医が在籍。

 

 

■研修

7つのコンピテンシー(資質・能力)を獲得する

  • 1.包括的統合
    アプローチ
  • 2.一般的な健康問題に対する
    診療能力
  • 3.患者中心の
    医療・ケア
  • 4.連携重視の
    マネジメント
  • 5.地域包括ケアを含む地域志向
    アプローチ
  • 6.公益に資する
    職業規範:
    プロフェッショナリズム
  • 7.多様な診療の場に対応する能力

項目の追加

  • 1.多疾患併存(multimorbidity)のケア
  • 2.複雑・困難事例への対応
  • 3.人生の最終段階のケア
  • 4.EBMの実践
  • 5.保健・医療・福祉に関する
    多職種との協働
  • 6.診療の質向上や患者安全など部門全体のマネジメント
  • 7.健康の社会的決定要因
    の考慮

 

■研方略

研修内訳

 

領域 期間 選択施設など
内科 12ヶ月 愛媛県立中央病院、高松平和病院、岡山協立病院、水島協同病院、広島共立病院
小児科 3ヶ月 愛媛生協病院、へいわこどもクリニック、水島協同病院、
救急科 3ヶ月 愛媛県立中央病院
総合診療Ⅰ
(外来・訪問診療が主)
6-18ヶ月 伊予診療所、新居浜協立病院、宇部協立病院、高知生協病院、玉島協同病院のいずれか
総合診療Ⅱ
(病棟・救急診療が主)
6-12ヶ月 愛媛生協病院、高松平和病院、福島生協病院、岡山協立病院、水島協同病院のいずれか
選択科目 0-12ヶ月 愛媛労災病院(産婦人科)、愛媛生協病院(整形外科、外科、精神科)、

 

研修ーテート例

 

 

 

■研修

形成的評価

専攻医の成長を促すため、定期的な評価とフィードバック

研修手帳の確認、ビデオレビューおよびmini―CEXを用いた診療現場における評価(Workplace-based accessment)など・・・

○家庭医療倶楽部:第3金曜日午後

総括的評価

○ポートフォリオ(経験省察研修録):1on1ミーティング、複数の指導医によるチェック

○総合診療家庭医療専攻医ふりかえりの会:第2土曜日

 

その先のキャリパス例

 

内科専門医とのダブルボードも可能です。

 

 

■日本ライマリケア連合学会の・家庭医療専門医制度との動プログラムにより、

更にの高い専門医を目指します。

愛媛県内で第1号の家庭医療専門医を当院プログラムより輩出
先の総合診療プログラムよりも、さらに質を高めた世界標準のプログラム

本学会の研修制度は、
WONCA(世界家庭医機構)による国際認証を取得しています。

 

 

 

 

 

 

■プロラム総括責任者

原 穂高 (はら ほたか)

愛媛大学医学部(2002年卒)

 

 

 

 

 

 

▶お問い合わせ・応募フォーム

お電話でのお問い合わせはこちらから

089-976-7001

受付時間 9:00~18:00(月〜金曜日)

 

愛媛生協病院 医局担当事務 大西美和
E-mail:m-onishi@ehime-med.org