えひめ医療生協

ホーム  > 医療関係者・医療系学生のみなさんへ  > 看護師・看護学生のみなさんへ  > 看護部長のごあいさつ

看護部長のごあいさつ

看護部長のごあいさつ

竹内 裕子

 愛媛医療生協は、1952年に「新居浜健康生協」の診療所として「平和診療所」を新居浜地域に開設し、その後中予地域、伊予地域に診療所を設立しました。
 1964年には新居浜の診療所が新居浜協立病院になりました。
 1981年に「新居浜健康生協」「中予医療生協」「伊予医療生協」の三生協が合併し、愛媛医療生協が誕生しました。
 1986年には、県都松山に「愛媛生協病院」を建設し、「新居浜協立病院」とともに医療生協運動の拠点病院となりました。

 その後、診療所建設や、病院の増床や立替などを経て現在では2病院、4診療所、3在宅ケアセンター、そして子会社としてえひめメディコープを運営し、患者様や組合員さんの要求に沿った保健・医療・介護活動を展開しています。
 私たち看護師は「患者の立場に立ち、患者の要求から出発し、患者と共にたたかう」を合言葉に患者様を大切にし、それそれの人生に寄り添った看護が提供できるよう日々努力しています。

 日々の看護の中にはいろいろなドラマがあります。
 末期の患者様の「生まれた家が見たい」の一言を聞いて、主治医が車を運転し受け持ち看護師と一緒に数十年ぶりに生家を見にいったAさん。
 やはり末期で、家で看取りたいというご家族の希望で、1日2回の訪問、往診を組み外来と病棟看護師の連携で最後まで支え続け家族に見守られて息をひきとったBさん。
 お酒がやめられず入退院を繰り返す患者様がどんな生活をしているのかと山奥の自宅を訪問し地域の保健師とも連携を取りながら支えたCさん。
 どれも患者様のことを一番に考え、医師を中心にいろんな職種の協力があってこそできたチーム医療です。
 私たちの職場は、看護師として誇りや希望を持って生き生きと働けるそんな職場です。
 一人でも多くの看護師の皆さんがその仲間に入ってきてくださること事を願っています。

TOPへ戻る